ボトックスとは?

ボトックス、ボトックス注射など最近美容関連の用語で良く耳にする言葉ですが、ボトックスとは何か、どういった効果があるのかなどを詳しくご説明致します。

ボトックスとはボツリヌス毒素を完全に無毒化して抽出されるタンパク質の一種で、アメリカ生まれの医薬品です。
主な働きは一言で言うと神経に作用して筋肉の働きを抑制すると言う事です。

人の筋肉はアセチルコリンという物質が働いて収縮していますが、ボトックスがそのアセチルコリンに作用して筋肉の動きを抑制します。
簡単に言うと、筋肉を麻痺させて働きを鈍らせると言う事です。
筋肉の働きを抑制する為、筋肉の動きによって形成されるシワが改善したり、汗腺に作用させて多汗症の治療にも用いられています。

ボトックスの耐久性については残念ながら一生ものではありませんので、効果を持続させる為には敵的に注入する必要があります。
その持続性は個人差があり、3ヶ月から1年ぐらいといわれています。

美容外科のボトックス治療について

いつの時代も女性が美しくなりたいと願う気持ちに変わりはありませんが、時代の流れとともにその方法は進化しています。
美容液やマッサージなど肌の為に自分で出来るケアをコツコツとするだけだった方が多かったのですが、
手軽に美容外科などを利用して専門的に治療してもらう方が増えています。
専門のドクターによる治療はより早く、高い効果を得ることができ、ネットなどでの情報の共有化によって意外と手軽に利用できる事が知られるようになりました。
こういった理由から敷居が高いと思われていた美容外科を利用する方が増えつつあります。

近年、そんなユーザーの増加に伴って美容外科やその施術メニューも多様化しつつあります。
選択肢は増えたのですが、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も少なくありません。
そこでこのサイトでは、どういった施術がどういった効果を期待できるのか、その施術の具体的な内容は?などを詳しくご説明します。
実際に美容外科で扱っている施術内容を例に様々なボトックス治療についてご紹介します。